在宅コールセンターはどんな感じ?稼げるの?

在宅ワークには様々な職種があります。

その中の一つとして、コール(お電話)のお仕事もあります。

私は現在、この「在宅コールセンター」のお仕事をしています。

求人のことや業務のこと、稼げるかなど…気になりますよね。

体験談も交えながら、参考までにお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

在宅コールを始めた理由は?

在宅コールのお仕事が増えてきたよ!

在宅コールのお仕事はコールセンターまで出勤することなく、お電話のお仕事ができるメリットがあります。

ライティングのお仕事も行っていますが、記事の内容を書くのに悩んで進まないこともあります💦

納期がありながら自分のペースでできる魅力もありますが、一日同じお仕事をするよりも掛け持ちをしてみたい、と思うようになりました。

そこで見つけたのがお電話のお仕事です。

最初にお伝えしますが、お電話のお仕事は在宅ワークの中でも稼ぎやすいです!

滑舌も悪く電話応対も苦手なので私には向かない仕事💦と思いましたが、稼げるお仕事と思って始めたのがきっかけです。

まずはどんなお仕事なのか、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

アウトバウンドとインバウンドとは?

在宅コールセンターのお仕事は、大きく分けて二つに分けられるよ!

在宅コールセンターのお仕事は、アウトバウンドとインバウンドのお仕事に分けられます。

アウトバウンドは、いわゆるお電話の「発信業務」のことで電話をかけるお仕事です。
インバウンドは、「受信業務」でお電話を受けるお仕事になります。

私は現在インバウンドを行っていますが、アウトバウンドとインバウンドではそれぞれお仕事の内容が異なります。

これについては後程お伝えします。

お仕事を行う上での条件は?

在宅コールを行う場合、いくつか条件があるよ!

在宅コールのお仕事ですが、始めるにはいくつか条件があります。
これはクライアントさんによっても異なりますが、下記にまとめます。

〈周囲が静かな環境であること〉

生活音やご家族の声、ペットの鳴き声などが入らない環境が条件になります。

なのでお子様がいらっしゃる方は、学校や保育園、幼稚園に行かれている間にお仕事をする方法もあります。

〈必要物品がそろっていること〉
お仕事を行う上で、パソコンやスマホなどが必要になります。
こちらもクライアントさんによって様々です。

電話機を貸してくれて対応するところもあれば、パソコンに専用ツールを入れて対応するところもありますが…

今は専用ツールを使うところが多いです。

アウトバウンドではパソコンがなくても、スマホさえあればできるお仕事もありますよ!

パソコンでお仕事をする場合は、セキュリティツールが入っていることが条件のところが多々あります。

ちなみに私が行っている在宅コールは、無料のセキュリティツールが認められています。

〈有線接続が条件のところが多い〉
最近は自宅でWi-Fiのみのご家庭も増えましたが、パソコンでコールのお仕事をする場合、有線接続が条件のところも結構多いです。

と言いますのは…無線だと音声などが安定しないためです。

有線回線を使っていない場合はWi-Fi対応OK、またはスマホでのお仕事を検討してみることを考えてみましょう。

アウトバウンド(発信業務)の特徴は?

アウトバウンド(発信業務)は、どんなお仕事?

それではまず、アウトバウンド(発信業務)のお仕事からお伝えします。

アウトバウンド(発信業務)のお仕事は、テレアポ(テレフォンアポインター)のお仕事がほとんどです。

いわゆる電話営業のお仕事ですね。

スクリプトがあるので、対応することができます。
お電話をかける相手は、個人であったり法人であったり…。

ノルマが無いところも結構ありますが、セールスなので時には相手からキツイことを言われることもあります(^^;

でも慣れてくれば大変ながらもやりがいを感じるお仕事、とおっしゃる方もいるので、気にしないでどんどん前へ進むことが大切だと思います。

アウトバンドの特徴として、比較的未経験でも採用されやすい点です。

またシフトを調整しやすいところも多く、希望の時間帯で働きやすいです。
しかも土日祝日休みという場所も多いので、主婦にとっては助かりますよね☺差し引かれないところが多いです。

ポイント!給与形態を確認しよう

お給料は完全歩合制のところもあれば、時給制のところもあります。

電話をかけた件数でいくらか支払われ、さらにアポイントを獲得するとプラスしてもらえるようなところもあります。

給与形態はしっかりと確認したほうが良いです。

特に完全歩合制のところだと、アポイントがとれると大きく稼げるのでテレアポが好きで自信のある方にはおすすめです。

でも…アポイントが取れないと、思った以上に稼げない場合もあります💦

手数料がかかるところもあるのでパッと見で判断せず、どのような条件で給料を頂けるのか、確認することが大切です。

初心者の方は、お電話をかけた分報酬をもらえるところから始めるのがおすすめです。

直接契約は手数料がかからない場所が多いですが、クラウドソーシングでまずはお手並み拝見…から始めてみるのも良いでしょう。

アウトバウンド(発信業務)の特徴

・在宅での求人数が多く、採用人数も多い。

・未経験でも採用されやすい。

・給料形態は完全歩合制、時給制など。

・シフトを調整しやすく、希望の時間帯に働きやすい。

・土日祝日お休みのところも多々ある。

・発信業務なので、契約時間内でかける時間を調節できる

・基本的に電話営業のお仕事なので、時にはキツイことを言われることも。

コロナ禍でも求人数は豊富です!

テレアポの内容も契約会社によって様々なので、継続が難しいと思っても別の場所を検討してみても良いと思います。

インバウンド(受信業務)の特徴

インバウンド(受電業務)は、どんなお仕事?

インバウンド(受電業務)のお仕事は、商品の注文やお問い合わせを受けたり、企業の電話代行、クレーム対応、ご相談など様々です。

営業電話の発信業務を「テレアポ」というのに対して、テレオペ(テレフォンオペレーター)と言ったりもします。

私は上記で述べた通り、現在インバウンドのお仕事を行っています。

電話を受けると本当に様々なお客様がいらっしゃると思いますが、感謝の言葉を伝えられると励みになります。

その反面、クレーム対応が大変な時もあります。

こちらが何を言っても納得してもらえず、時にはお電話をなかなか切ってもらえない時もあります。

お電話が終わった後、へこむ時もしばしば(^^;

現在私は在宅テレオペ、いわゆる在宅での受電業務を行っています。 未経験で始めたテレオペですが、タイトル通り仕事はキツイのか、継続していけるのかなど… 体験談を交えてお伝えしたいと思います。

在宅のインバウンドの求人はアウトバウンドに比べて少ないですが、以前よりは増えてきたと思います。

基本的にシフト制なので、応募の際自分の希望時間が通るとは限りません。
特に人気の時間帯(平日の午前中など)は、すぐにうまりやすいです。

また商品注文窓口では土日祝日の他、夜間も対応しているところもあります。

カスタマーセンターに勤めていたり、SV(スーパーバイザー)などのお仕事をされている方は、歓迎されやすい傾向があります。

でもカスタマーセンターなどに勤めていなくても、採用される可能性はもちろんありますよ!
実際に私も企業でお電話を受けていたくらいでしたが、採用されました。

なのでご興味のある方は、ぜひ応募をしてみてください。

お給料は時給制であったり、成果報酬制(電話を受けた件数などによる)のところもあります。
ちなみに私は電話機を使わず、パソコンやヘッドセットでお仕事をしています。

いつお電話がかかってくるかわからないので、ずっとパソコンの前にいて画面を見ている必要があります。

ですがアウトバウンドのように基本的に営業するわけではないので、、電話営業が苦手な方にはおすすめです。

インバウンド(受信業務)の特徴

・お仕事は商品の注文、お問い合わせ、企業の電話代行、クレーム対応、相談など様々。

・アウトバウンドの求人に比べると募集は少ないが、最近は増えてきた。

・カスタマーセンターやSV経験のある方は歓迎されやすい。

・いつお電話がかかってくるか分からないので、すぐに対応できるよう整えておく必要がある。

・基本的にシフト制で対応。平日のみの勤務の場所もあるが、商品の注文窓口などは、土日祝日、夜間も対応するところもある。

・平日の午前中など人気のシフトは埋まってしまう傾向がある。希望シフトが通らない場合もある。

以前在宅コールのお仕事の内容についてお伝えしました。 今回は実際に在宅コールのお仕事をしている私が感じた、メリットとデメリットを参考までにお伝えしたいと思います。

発信、受電業務に共通して言えることは?

アウトバウンドとインバウンドの特徴をそれぞれ書きましたが、共通して言えることは…

・在宅ワークの中でも稼げる職種

・継続案件が多い

・幅広い世代の方が活躍している

特にインバウンドはシフト勤務なので、継続案件がとても多いです。

アウトバウンドも継続案件は結構ありますし、何よりも求人数が多いので、

ここはどうしても合わないかも…😲

と思っても、また探すことができます!

また60代の方も頑張っている方もいます。

在宅コールセンターでお仕事を始めたい!でも採用されるかなぁ〜🥺 私は未経験だったので難しいだろうなぁ〜と思いながら応募をしたことがあります。 未経験でも採用されるためにはどのようにアピールをすれば良いか、お伝えしたいと思います。

実際に在宅コールセンターは稼げるの?

簡単に在宅コールの特徴などをお伝えしました。

先程もお伝えしましたが、在宅コールセンターのお仕事は稼ぎやすいです。

ちなみに私は週3日から4日で、4時間から6時間稼働をしています。

これでだいたい月に5万円〜8万円稼いでいます。

私はシフトを抑えているほうですが、入る時間によってはもっと稼げます!

インバウンドではコールセンターよりも時給は低めですが、実際に〇十万と派遣並みに稼いでいる方もいるくらいです。

テレアポは営業電話なので苦手という方もいますが、ご案内する内容は契約会社によって様々です。

最初はあまり件数をかけれないかもしれませんが、かけた件数も報酬になる場合はその分収入になります。

意外と獲得しやすい案件もあり、要領もわかってくるので稼げるようになると思います。

コールのお仕事の情報は、随時お伝えしていきますので興味のある方はご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする