在宅コールの面接は重要?どんなことに気を配るべき?

在宅コールのお仕事に応募した後は、電話やWebでの面接が行われるところがほとんどです。

相手に良い印象を与えられるような、面接を心掛けたいですよね。

今回は在宅コールの面接で気を配るべきことなどを、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

面接は出社する必要はあるの?

在宅コールの面接は、在宅でもOK!なところが多いです。
中には出社、在宅のどちらかを選べるクライアント様もあります。

在宅での面接は、電話やWebで行われることが多いです。
ちなみに私は電話、Web面接の両方経験があります。

今はコロナ禍になり、Web面接も増えてきましたが、Webではさらに音声通話、ビデオ通話での面接が可能です。

ビデオ通話での面接の場合は、対面で行われるのと同様、身だしなみは整えておくことをおすすめします。

また意外と忘れてしまいがちですが、バックにうつる背景などにも、配慮するようにしましょう。

スポンサーリンク

履歴書の提出は必要?

クライアント様によって異なりますが、在宅コールの応募は、履歴書を特に提出しなくても良い、というところが多いです。

ですがクラウドソーシングでは、Web上で応募をするので、プロフィールや応募メッセージはしっかり記載しておいたほうが良いでしょう。

特に受電業務(インバウンド)では、経験者が優遇される傾向があるので、記載しておくことをおすすめします。

発信業務(アウトバウンド)は、未経験でも採用されやすい傾向はありますが、テレアポの経験などがあるなら、記載しておくとアピールになります。

また未経験の場合でも事務経験はあり、○○には自信がある等の記載はしておいても良いと思います。

在宅ワークのシュフティを登録しています。 今回はシュフティの評価についてお話しします。 評価の方法、注意したいことをお伝えしたいと思います。

在宅コールの応募では履歴書の提出が不要の代わりに、上記で述べたプロフィール、応募メッセージ、電話やWebでの面接等が重要だと感じます。

面接官によって異なりますが、私が実際に経験してみて、ここは大切だと思ったことをお伝えします。

声はとても重要!

私は音声通話の面接の時も、かなり緊張したのを覚えています。

面接で平常心を維持するのは意外と難しいことですが、電話(コール)のお仕事ということもあり、声はとても重要になります。

面接の時もチェックされていることを意識しておきましょう。

よく口角を少々あげるようにして、と言われますが、実際に効果的だと感じます!

面接ではどんなことを聞かれる?

面接の時には志望動機、希望シフト、経歴、在宅の環境などはよく聞かれます。

予想される質問については、だいたいこんな感じで答える、といったことをメモしておいたり、考えておくと良いでしょう。

先ほどもお伝えしましたが、受電業務の場合、経験者が優遇されることもあるので、経歴は重要になります。

なので未経験であっても、○○の経験はあるので、△△には自信がある、というようなアピールはしても良いと思います。

ですが過剰なアピールは逆効果になる時もあるので、必要以上には行わないほうが良いでしょう。

またお電話のお仕事をする場合は、いくつか条件があると以前記事で書きましたが、静かな環境で対応できるか、ということも重要になります。

希望シフトの時間帯は、静かな環境を保てることも伝えられるようにしておきましょう。

在宅コールの面接だけではありませんが、予想外のことを聞かれることもあります。

事前に聞かれるであろう回答を暗記するだけでは、かえって上手く答えられないこともあるので、普段からイメージトレーニングなどを行っておくと、対応しやすいと思います。

電話のお仕事では落ち着いた対応が求められます。

面接は緊張するものですが、できるだけ落ち着いた対応ができると、好印象を与えられることにつながります。

在宅ワークには様々な職種がありますが、最近はコール(電話)の仕事も増えました。 私はこの在宅コールセンターの仕事をしています。 求人のこと、業務のこと、体験談も交えながらお伝えしたいと思います。

希望シフトは?

発信業務(アウトバウンド)、受電業務(インバウンド)の両方とも、シフトについては聞かれると思います。

発信業務のシフトは融通がききやすいのに対して、受電業務(インバウンド)は基本的にシフト制になります。

希望シフトとともに柔軟な対応ができるかどうかも、判断材料になり得るので、可能であれば伝えておくと良いと思います。

クライアント様によって様々ですが、受電業務に関しては、シフトに対する考え方が厳しいところもあります。

面接でも確定シフトには基本的に入れる、シフトに対して柔軟な対応ができる、という姿勢をみせておくとアピールになると思います。

まとめ

電話やWebでの面接も緊張するとは思いますが、明るく落ち着いた雰囲気で対応できると好印象を与えられることにつながります。

在宅コールの面接では、経歴などの他に声の感じ、作業環境なども重要なので、しっかり答えられるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする