在宅コールセンターで生活音や周囲の音は気になる?防音対策は?

在宅でコール(お電話)のお仕事をする場合に、気を遣うのが生活音や周囲の音ではないでしょうか。

会話中に音が入ってしまいますからね。

今回はヘッドセットの音の拾い方や、防音対策などについてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

不可抗力の騒音はどうする?

生活をしていれば多かれ少なかれ、室内から音は聞こえるものです。

実際に今、私が住んでいる環境について簡単にお伝えすると…

・近くに飛行場がある
・住宅街で近くに公園がある
・鳥の鳴き声もかなり聞こえる
・木造住宅のアパートで壁が薄く、響きやすい
・大きな道路沿いではないが、走行車の音がリアルに聞える

こう見ると在宅コールには厳しい環境ではあります(^^;
実は引っ越してこのような環境になってしまったのですが…。

ちなみに私が契約している会社は、音にはそれなりに厳しいかな、という印象はあります。
一方で音に関して質問をしても、あいまいな面もあります(^^;

なので周囲でちょっとした音がすると焦りますが、音については今のところ注意を受けていないです。

外からの音は不可抗力なことがほとんどです。

巡回している廃品回収の車や選挙カーの音などもそうですよね。
突然始まる工事なども…。

防音がしっかりしているホテルにいても音が漏れることはありますし、これは仕方がないのでは?と思います。

会社側の対応は分かりませんが、もしかしたらこの辺は考慮してくれているのかもしれません。

スポンサーリンク

生活音は立てないことが大切!?

とはいえ在宅コールをするなら基本的に、音をシャットアウトする必要があります。

普段行う職場の電話応対と違い、契約会社側も「お電話専門のお仕事」として、静かな環境で行ってほしいという気持ちがあるのでしょう。

不可抗力なことは仕方がないとしても、生活音はできるだけ立てないようにすることが大切です。

周囲の音に対する条件は契約会社によって様々なので、ご心配でしたら具体的に質問してみても良いかと思います。

先程もお伝えしましたが、私の契約会社は音に対してそれなりに厳しいながらも…
上記質問に対しては曖昧だったところもありますが…(^^;

ですが生活音は基本的に自ら防ぐことができるもの…とみなされている印象があります。

なのでアパートのリビングで仕事をしていますが、仕事中は洗濯機を回さないようにしたり、電子ケトルなども使わないようにしています。

主人がリモートでいる時もは、音をたてないようにしてもらうなど、結構気を遣っています。

小さなお子様がいらっしゃる方は保育園や幼稚園、ご実家に預かってもらうようにすると安心だと思います。

猫ちゃんなどペットを飼っているなら、離れた部屋で仕事をして鳴き声が入らないようにすることも大切です。

ヘッドセットはどんな音を拾いやすい?

音の拾い方はヘッドセットによっても異なります。

ちなみに私が使っているヘッドセットは半密閉型ですが、高音が入りやすい印象です。
「キーン」「カーン」という音や、お子様の声など…。

高音だと外からの音も拾いやすいと思います。

一方で飛行機の離着陸の音はいつもリアルだなぁと思うのですが、意外と音は拾わないです。
間近ではなく、しかも低音だからなのか…あまり感じたことがないです。
なので騒音に対する会話の集中力の問題だけですが、これもだいぶ慣れました。

公園も道を挟んでいるのでお子さんのお声はほどんど入らないです。

鳥の声も響く音ではありますが、遠くからなのかヘッドセットでは拾わない印象。

でも部屋の中での生活音は、低音、高音ともしっかり拾う印象があります。
また窓をしっかり閉めていても、すぐそばで音がすると低音でも拾いますね。

やはり仕事をする場所から近いほど、音は入りやすいと思います。

ヘッドセットはいろいろなものを試しました。

お値段もそれなりにした物を買った時もありますが、やはり近くの音は拾いやすいです。

でも高性能の密閉型のヘッドセットは、遮音性が高い印象です。

ノイズキャンセリングも音は拾いますが、カットできている雑音も確認できているので、やはりついていたほうが良いかなと思いました。

在宅コールのお仕事でも、コールセンターのようにヘッドセットを使う場合がほとんどです。 ヘッドセットにはどんな種類があり、特徴があるのか知っておくと選びやすいのでお伝えします。

インターホンはどうする?

インターホーンの音も入りやすいので、お仕事中は消音にすることをおすすめします。

でもインターホンの中には簡単に消音にしたり、切ったりできないものもあるんですよね。
なのでこれは不可抗力になるのでは?と思います。

私も仕事前に消音にするのを忘れて、お電話中に音が入ってしまった時があります(^^;

特に何も言われなかったのでチェックされなかったのか、わかりませんが…(^^;

我が家のインターホンは頻繁に鳴るわけではないので、もしかしたら見逃してもらったのかもしれません。

冷暖房からの音は?

冬はファンヒーター、夏は扇風機や冷風扇をよく使いますが、これも結構音を拾います。

でも私が使用しているファンヒーターはしばらくすると静音になるので、近くに置いてもそれほど気になりません。

でも扇風機を強めにしたり、特に冷風扇はゴーという音が入りやすいです。
もし使う場合は弱めで使用したり、離れた場所に置いたほうが良いでしょう。

エアコンはおすすめですが、室外機によっては意外と音がするものもあるのでチェックしてみてください。

工事の音がうるさい時は?

在宅コールのお仕事をするお部屋の窓は、できるだけ閉めたほうが良いです。

あまり騒音がしない地域なら話は別ですが、周囲の音を拾うこともあり、こちらの声もまわりに届きやすくなりますからね。

やはり真夏や真冬はエアコンなどで室温を調節するのがおすすめです。

特に夏は熱中症にならないようにご注意を!
無理せずエアコンを使用しましょう!

特に工事の音はリアルなので、窓はしっかり閉めたほうが無難です。

「キーン」「ドンドンドンドン…」

公園の工事はそれほど頻度は多くないので助かりますが、朝から行っていた時もあり正直困りましたね〜。
幸い間近ではなかったため、思った以上に音が入らず仕事はできましたが…。

近くで行っているほど、音が入りやすいです。

窓に使う防音テープも試してみましたが、もともと壁が薄いせいかあまり変わらなかったですね。

以下の場合は契約会社に相談することお勧めします。

・相手の声が聞きとりづらいほどの工事音
・間近で工事を行っている場合
・間近の工事で長期になるような場合

窓を開けたい時はどうする?

工事の音はリアルなので窓を閉めるしかないですが、外でそれほど騒音がしない時や、エアコンを使わない季節もあります。

そんな時は窓を開けたい時もありますよね。
換気は大切ですし、気分転換にもなります。

これは普段生活しているとわかると思いますが、音が出やすい方向の窓をしっかり閉めるのがおすすめです。

それで音がしない方向の窓を開ける!

例えばお風呂場の方向から聞こえてきたら、お風呂場の窓とドアをしっかり閉める。
玄関側から人の声が聞こえたら、その方向のドアを閉めるなど…。

完全ではありませんが、これで音を軽減することができます。

また音が出る方向から遠いお部屋で仕事をすると、だいぶ違うと思います。

在宅コールでは有線接続が必須のところも多いですが、USBケーブルが短い場合は長いものに変えて接続する方法もあります。

それでも音が気になるときはやはりエアコンなどで室温を調節したほうが、安心だと思います。

まとめ

生活をしている以上、外から聞こえる不可抗力な音もあります。

仕方がない音もありますが在宅コールでは業務上、生活音や周囲の音に対してできるだけ防音対策を行うことが大切です。

でも相手の声が聞こえないような工事音がするときは、契約会社に相談しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする