主婦が在宅で小遣い稼ぎをしたい時におすすめの仕事は?

主婦の方の中で、在宅ワークで収入を得たい!と思っている方もいるかと思います。

収入といっても、お小遣い程度でいいのか、パート程度は稼ぎたいのか…様々だとは思いますが、在宅ワークで収入を得やすい職種についてお伝えします。

スポンサーリンク

在宅ワークといっても種類がある!

以前より在宅でできるお仕事が増えたなぁと感じます。
最近はコロナ禍になり、リモートワークなども普及してきましたよね。

主婦の方でこれから在宅ワークを初めてみたい!という方もいるとは思いますが、意外といろいろな職種があります。

以前は在宅のお仕事というと、内職などが多かったのですが、今はクラウドソーシング(クラウドワークス、ランサーズ、シュフティ、サグーワークスなど)もありますので働きやすくなりました。

内職は基本的に納品に出る必要はありますが、クラウドソーシングだとネット上で納品できることがほとんどです。

また資格を持っていると有利に働ける職種もありますが、未経験でも働きやすい職種もあります。

クラウドソーシングを利用するだけでなく、直接契約で稼ぐ方法もありますが、いくつかおすすめの在宅ワークをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

テレアポ

在宅でのテレフォンアポインター(テレアポ)は、求人数も多く、未経験でも採用されやすい傾向にあります。

シフトや報酬は様々で、一件お電話をして○円、プラスアポイントによる歩合がついたり、完全歩合制のところもあります。

基本的に歩合制であっても、最低保証報酬のあるところもありますし、時給制のところもあります。

いわゆる営業電話になりますが、意外と稼ぎやすい職種です。

コツコツ行っていると、パートに出るくらいのお給料を稼げることもありますし、中には○十万と稼ぐ方もいます。

また企業が対象のところだと、土日祝日も休めたり、自由シフト制を導入しているところもあり、比較的時間に融通がきくのがメリットです。

でも完全歩合制の場合、大きく稼いでいる人がいる一方、アポイントをとれないと、かえって稼げない…という場合もあります。

なので給与形態をよく確認してから、検討してみても良いかもしれません。

手数料は引かれますが、クラウドソーシングでも募集が出ています。

特にママワークスはおすすめですよ!

クラウドソーシングでワーカーとして働くと、基本的にシステム利用料(手数料)を取られます。 手数料がかかると、手取りにも影響が出ます。 ママワークスではどうなのか、お伝えしたいと思います。

受信(コール)業務

テレアポが発信業務(アウトバウンド)であるのに対して、受信業務(インバウンド)のお仕事もあります。
いわゆるお電話を受けるお仕事で、在宅でのコールセンターのようなものです。

先にご紹介したテレアポもそうですが、在宅でのお電話のお仕事は比較的稼ぎやすい職種だと思います。

受信業務の場合、テレアポのように求人数が多いわけではなく、基本的にシフト制になり、人気の時間帯は充足しやすいです。

経験者が優遇されやすい傾向もありますが、企業によって異なり、未経験でも採用される場合もあります。

またテレアポも含めて、お電話のお仕事の場合、行うにあたりいくつか条件があります。

在宅ワークには様々な職種がありますが、最近はコール(電話)の仕事も増えました。 私はこの在宅コールセンターの仕事をしています。 求人のこと、業務のこと、体験談も交えながらお伝えしたいと思います。

データ入力

クラウドソーシングでも、データ入力の案件はよく見かけます。
特別な資格を持っていなくても応募ができたり、未経験でもお仕事がしやすい案件です。

案件の数はクラウドソーシングによって様々です。

募集人員が少なく、倍率が高くなっている案件もありますが、大量募集を継続的に行っているクライアント様もいます。

基本的に単純な作業になりますが、案件によっては意外と時間がかかる案件もあります。

時間の割には…と思ってしまう案件もあるので、初めのうちは無理をしない仕事量で応募されるのがおすすめです。
(納期に間に合わないと大変なので…。)

ぶっちゃけ時間をかけて頑張れば、主婦のお小遣い程度にはなるかな…とは思います。

他にも「文字起こし」の案件もありますが、意外と人気があり、募集される方がとても多いです。

なのに募集人員は少ないので、倍率は高くなりやすいです。

特に初心者の方だと、低い単価で引き受ける方もいらっしゃるようです。

軌道に乗るまではクラウドソーシングなどで、実績を積む必要はありますが、その後直接契約をされ、頑張っている方もいますよ。

ライティング

お電話のお仕事は在宅の中でも稼ぎやすいですが、「自分にはちょっと…。」という方もいるかと思います。

その場合はライティングのお仕事もおすすめです。

基本的にシフト勤務ではないので、納期を守るようにすれば、お好きな時間に作業ができるというメリットがあります。

私が本格的に在宅ワークを始めたのは、このライティングからでした。

ちなみに文章力は全く自信がなく、未経験でしたが、書いていくうちに慣れていきましたね。

得意な分野ではない場合、調べたり、考えたりすることが多く、大変な時もありますが、在宅ワークの中でも稼げるほうだと思います。

最初は少ない文字数の案件や、得意な分野から始めるのがおすすめです。

クラウドソーシングでのプロジェクトの中には、競争率が高くなりやすい案件もありますが、ライティングは1案件につき、何人か募集されている傾向があります。

なので応募はしやすいと思います。
また継続案件もありますよ。

私もそうでしたが初心者の方は、クラウドソーシングでのタスクに慣れてから、プロジェクトに挑戦してみると良いと思います。

さらに慣れたら直接契約で応募してみても良いかと思います。
直接契約をするとクラウドソーシングのように手数料がかからないので、さらに稼ぎやすくなると思います。

在宅での事務的なお仕事

私は最初、在宅でできる事務のお仕事があるとは知らなかったのですが、最近は経理、人事のお仕事など、結構募集をみかけます。

事務的なお仕事はクラウドソーシングでも見かけますが、直接契約での募集もあります。

何か資格を取得しているというより、経験者が優遇されやすい傾向があるので、事務経験のある方にはおすすめです。
(もちろん簿記○級以上などの条件のあるところもあり、資格を持っているほうが有利だと思います!)

なので応募の際は○○の業務は行ってきたなど、できることをアピールしてみると良いかな、と思います。

時給制のお仕事もあるので、採用されれば結構稼げると思います。

追伸:コロナ禍が続いておりますが、特有のお仕事も見かけるようになりました。
気になる方はクラウドソーシングなどを、ぜひチェックしてみてください。

ブログで収入

自分でブログを書いて、広告費などで稼ぐことも可能です。
グーグルアドセンスやアフィリエイトは、既にたくさんの方々が利用されています。

ある程度期間、記事数も必要になりますし、特にグーグルアドセンスの審査は厳しくなってきています。

なので収入を得られるようになるまで、時間は少しかかるかもしれません。

でも自分の得意とする分野でブログを書くのは、意外と楽しいものです。
それで毎月多かれ少なかれ収入になると助かります。

ちなみに私の場合、クラウドソーシングでライティングを始めてから、自分でブログを書いてみたくなり、始めました。

ライティングを受注すると文字数などの規定はありますが、そのようなことも気にせず書けるのが魅力です。

自分に向いているお仕事は何か?

いくつかご紹介してきましたが、この他にもたくさん職種があります。

今は取りあえず見送っていますが、以前はバイマ(BUYMA)やPPCアフィリエイト、XMアフィリエイトなどに興味をもったことがあります。

私は未経験ですが、システム開発などができる方であれば、専門的なお仕事も引き受けることができると思います。

クラウドソーシングのコーディングなどの案件は、倍率がかなり高くなりやすいと言われていますけどね。

私も最初から在宅ワークで稼げたわけではないのですが、今はパートに少し出るくらいのお給料は稼げるようになりました。

稼ぎたい金額は人それぞれ異なるとは思います。

クラウドソーシングはパソコンがあれば、初期費用がかからず作業できるので、最初はいろいろやってみて、どんなお仕事が自分に合うのか、考えてみても良いと思います。

でも在宅ワークにもメリット、デメリットはあるものです。

特に初期費用がかなりかかったり、月額がかかるお仕事の場合は、一旦よく考えてから取り組んでみることをおすすめします。

在宅ワークを始めようとした時、とかくメリットだけに目がいってしまうことはありませんか? 私もそうでしたが実際に始めてみて、デメリットもある程度把握しておくべき…と実感したのでお伝えしたいと思います。

掛け持ちもおすすめ!

主婦がお小遣い稼ぎができそうな、在宅のお仕事をいくつかご紹介しましたが、在宅ワークは掛け持ちすることも可能です。

私自身も現在掛け持ちで頑張っています。

シフト勤務のお仕事の合間に、他のお仕事をするなど、いろいろ考えてみても良いかな、と思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする