電話中のタイピング音をさせないようにする方法は?

お電話のお仕事をしている時に、パソコンのタイピング音が気になったことはありませんか?

タイピング音が入らないようにするにはどうするべきか、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

キーをたたく音がうるさいと注意される!?

お仕事中のお電話で、パソコンのキーボードをたたく音が入ってしまわないか、気になる方もいらっしゃると思います。

特に気にしなくても良い職場もありますが、事務関係のお仕事では、静かなタイピングをするよう、注意喚起をされるところもあります。

特にコール(お電話)のお仕事では、指摘される場合も多いようです。

私も在宅でお電話のお仕事をしているのですが、以前タイピング音が気になったことがあります。

在宅ワークには様々な職種がありますが、最近はコール(電話)の仕事も増えました。 私はこの在宅コールセンターの仕事をしています。 求人のこと、業務のこと、体験談も交えながらお伝えしたいと思います。

「カシャカシャ」とたたく音が聞こえますし、特に録音をしていると「ドンドン」と響くような音が入ってしまうこともあります。

逆にお相手の方のタイピング音が気になったこともあります。

お電話中はキーボードをたたかず、メモのみ行うという方法もありますが、業務の効率化のことを考えると、そうはいかないときもあります。

キーボードをカッシャ、カッシャとたたく音は、いかにもパソコンでお仕事をしているという感じで、昔はむしろ好んでいたこともありますが…(^^;

職場によってはお電話中以外でも、注意をされるところもあるようです。

スポンサーリンク

ソフトにタッチをするには?

タイピング音を静かにさせたい場合は、ソフトにキーボードをタッチする、というのは分かりますよね。

とはいっても強くたたく癖がついていると、無意識にたたいてしまいがちです。
普段から意識してソフトにたたくよう、心がけると良いと思います。

ブラインドタッチをしていても、無意識に指が離れてしまうと、強くたたいてしまいがちです。

特にホームポジションから離れているキーをたたくときに起こりやすいです。

上からたたくようにすると、タイピング音がしやすいので、ホームポジションから指をスーッと動かすようなイメージで行うと良いと思います。

またテンキーは独立しているので、同じく強くたたいてしまうこともあります。

気になる方はこちらもホームポジションからスーッと動かようにして、タイピングをしてみましょう。

キーボードを消音タイプにかえてみる

キーボードをソフトにタッチする、というのも大切ですが…
それでもタイピング音が気になる、という方もいらっしゃると思います。

その場合はキーボードを消音のものに変える、という方法もあります。

ノートパソコンだとしても、キーボードは有線も無線のものもあるので、検討してみても良いと思います。

テレワークなどで自宅でパソコンを使う場合は、変えやすいと思います。

ですが消音のキーボードも種類があります。

消音になるのはいいけど、かえってタッチがしにくくなってしまうのも困るので、使いやすさも考える必要があります。

買い替えたパソコンのキーボードが消音だった!

私もお電話中のタイピング音が気になっていたので、キーボードを変えてみようかな、と思ったことがあります。

でも最近パソコンを変えたのですが、新しいパソコンが消音タイプのキーボードでした。

消音タイプといってもどうだろう?と半信半疑でしたが、思った以上にタイピング音が気にならなくなりました。

Windows8.1からWindows10に買い替えましたが、同じNECのLAVIEです。

買い替えたのはです。
8.1の時と画面の大きさは変わりませんが、全体的にコンパクトになりました。

キーボードはこんな感じです。

店員さんには立ち上がるのも早いし、人気があるとすすめられました。

一つひとつのキーが軽いので、ソフトに打てるようになりました。

もちろん強くたたいてしまうと音が入りやすくなりますが、以前よりも消音になった印象です。

特に録音をした時にわかるので、お相手から指摘を受けることもないのでは!?と思いました。

もしノートパソコンを買い替える機会があったら、消音タイプのものを選んでみても良いと思います!

まとめ

お電話中のタイピング音が気になる場合は、キーボードのソフトなタッチを心がけてみると良いでしょう。

またキーボードを消音タイプのものに変えると、だいぶ違います。

私は買い替えたノートパソコンが消音タイプでしたが、以前のものよりも音が気にならなくなりました。

タイピング音が気になる方は、キーのタッチやキーボードなどの見直しを検討してみると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする